平面 具体絵画

具体絵画について

1977-81年にかけて制作した「荒れた大地」、「ブルーの色面」、あるいは「ステンレスの金属板」などで構成する断片(モンタージュ)シリーズ以後、私の関心事は「物質」と「行為」と「場所性」へと向かい、空間造形(インスタレーション)の発表と併行して絵画表現の可能性を模索してきました。それは抽象や具象というこれまでの表現の概念とは異なる新しい絵画の方向性を求めるものでした。つまり、絵画を成立させる重要な要素として物質性を重視することで、より直接的な表現とイリュージョンの可能性を探求する作業だったのかもしれません。

そういう表現への欲求から、1989年に岩国市徴古館で発表した「木調への眼差し」という一連の作品を制作しました。その後、絵画における物質性への追求は、木を削り、記号や描かれたドローイングの線、貼り付けられた金属、モルタルなどが錯綜するミクストメディアの作品へと発展してきました。この一連の作品を私は「具体絵画」と名づけています。

このように「具体絵画」はイリュージョンを否定するものではありませんが、描かれたものとは異なる具体的な物質性を絵画の極めて重要な構成要素とする独特な考え方に基づいているのです。

Work 作品 / 1993 / 合板、和紙、鉛筆、新聞、鉄 / 145.0×185.0 cm / 第12回 今立現代美術紙展[いまだて芸術館]

WORK作品/1992/合板 和紙 鉛筆 新聞/230×400 cm/第46回山口県美展

WORK 作品(拡大部分)

WORK作品/1992/合板 和紙 鉛筆 新聞/185×185 cm/第10回 現代日本絵画展(宇部絵画ビエンナーレ)

WORK作品/1993/合板 和紙 鉛筆 新聞 金属/185×185 cm

WORK・連関 1994~5 合板、和紙、鉛筆、新聞、鉄、アクリル樹脂塗料/150×380 cm(未完) 第48回 山口県美術展覧会

WORK作品/1994/合板 和紙 鉛筆 新聞 鉄 アクリル樹脂塗料/145×185cm/国際丹南アートフェスティバル '94

WORK作品/2001/93×190 cm/金箔 アクリル モルタル 鉛筆 墨

WORK03-27 2003 32x48 cm ミクストメディア

​平面 変容と生成

WORK作品 1991 182X188cm 合板 オイル

WORK作品/1991/木材(杉) オイル/182×200cm/第1回TAMON賞展

WORK・作品 1989 木材(米栂集成材)、オイル/91.0 cm×77.0 cm×2.0 cm

WORK・89-1-2 1989 木材(米栂集成材)、オイル / 182 ×550× 2 cm

WORK作品 1991 合板、オイル / 130.0 ×185.0 cm 第2回 TAMON賞展 個展[ギャラリー ラ・セーヌ]

WORK作品 1991 合板、オイル / 130.0 ×185.0 cm 第2回 TAMON賞展 個展[ギャラリー ラ・セーヌ]

WORK作品の拡大部分

WORK作品/1990/合板 アクリル樹脂塗料/182×650×5 cm/第44回山口県美展

Work作品 1989 合板 オイル 80.0cm×120.0cm×2.0cm

平面 シュールから断片構成

断片シリーズについて

私の作品に於いて一つの要素となっている青・原野・壁等々について具体性はない。それらは極めて個的な観念の断片として、比較的アカデミックなマチエール(素材)ででっち上げられたものにすぎない。精神的所産という美名のもとに制作され、かつて否定された欺瞞した化物である。しかし、私はマチエール(素材)を一つの物質としてみている。平面的次元に於ける断片的構成の域において、行為自体がマチエールや観念的要素と等価に提示されている側面を持っている。

このように私の作品が行為性を含む断片的な三重構造により成り立ち、単に個的なレベルに於ける観念の対象化でないことは今回の発表で明白になるだろう。そしてその構成的要素は行為とものの関係性において今もなお私の仕事の主流となって展開されている。

輪転 1976 キャンバス、油絵の具/181.8×227.3 cm/第37回美術文化展 美術文化賞

化石の告白 1976 キャンバス 油絵の具/130.3×193.9 cm/第37回美術文化展

Untitle 無題 1977 キャンバス、油絵の具 / 130.3 cm×162.1 cm 第38回美術文化展

Untitle 無題 1977 キャンバス、油絵の具 / 181.8 cm×227.3 cm① 第12回日本国際美術展 佳作賞 東京都現代美術館 所蔵

Untitle 無題 1977 キャンバス、油絵の具 / 181.8 cm×227.3 cm 第12回日本国際美術展 佳作賞 東京都現代美術館 所蔵

Untitle 無題 1978 キャンバス、油絵の具 / 130.3 cm×162.1 cm リアリズムの分岐(4人)展[東京、真木画廊

Untitle 無題 1978 合板、ステンレス、油絵の具 / 120.0 cm×165.0 cm 第14回現代日本美術展

untitle 無題 1980 キャンバス 油絵具 15.8x22.7cm 作家蔵

untitle 無題 1980 oil canvas 53.0x65.2cm 濱屋知司氏所蔵
untitle 無題 1980 oil canvas 53.0x65.2cm 濱屋知司氏所蔵

立体 交差する時間と空間

流れ/2003/錦川の石、錦帯橋の橋板(第4橋段板)/アートムーブ2003〈岩国〉“表現の成り立ち”②

流れ/2003/錦川の石、錦帯橋の橋板(第4橋段板)/アートムーブ2003〈岩国〉“表現の成り立ち”①

路地プロジェクトから/国民文化祭2006やまぐち 宇部彫刻展参加

Reproduction再生 2009 旧柿木村中学校教室 学童机と椅子 ランプ エコビレッジかきのきむら[路地プロジェクト里山]

アートドキュメント2004錦帯橋プロジェクト参加作品「祈りプロジェクト」①

アートドキュメント2004錦帯橋プロジェクト参加作品「祈りプロジェクト」

流れ 2002 国安邸(江戸時代の商家・松金屋油)、石、鉄、廃材(解体された梁材)、電球ほか 第1回アートフェスタ岩国招待

路地プロジェクト里山③ 2009 ワイヤーメッシュ 古着 イルミネーション 草の庭

流れの形状②2002 国安邸(江戸時代の商家・松金屋油)、石、鉄、廃材(解体された梁材)ほか

立体 変容と生成

COUPLING/1994/コールテン鋼、御影石(秋穂産)①
COUPLING/1994/コールテン鋼、御影石(秋穂産)①
COUPLING/1994/コールテン鋼、御影石(秋穂産)③
COUPLING/1994/コールテン鋼、御影石(秋穂産)③
COUPLING/1994/コールテン鋼、御影石(秋穂産)④
COUPLING/1994/コールテン鋼、御影石(秋穂産)④
COUPLING/1994/コールテン鋼、御影石(秋穂産)⑤
COUPLING/1994/コールテン鋼、御影石(秋穂産)⑤
Wall of the bamboo  2010  150×200×500 cm/周東町パストラルホール (2)
Wall of the bamboo 2010 150×200×500 cm/周東町パストラルホール (2)
COUPLING・竹④/1993/木製ガラス戸(廃品)、竹/210.0 cm×230.0 cm
COUPLING・竹④/1993/木製ガラス戸(廃品)、竹/210.0 cm×230.0 cm

錦帯橋プロジェクト残像/2004/錦川の石、祈りプロジェクトの炎で曲がったワイヤーメッシュ/100✕200✕100cm/画廊a

Wall of the bamboo / 2010 / 岩国の竹 / 1
Wall of the bamboo / 2010 / 岩国の竹 / 1
赤い扉②/1998/鉄、ウレタン樹脂塗料/広島パークビルディング
赤い扉②/1998/鉄、ウレタン樹脂塗料/広島パークビルディング

立体 存在と場面

無題⑤ 1980 鉄、ガラス、ステンレス、電球、木炭 真木画廊

Iron and 10stones/2010/200x600x30cm/鉄 10個の川石

無題④ 1980 鉄、ガラス、ステンレス、電球、木炭 真木画廊

Light and Stones 2010 iron、電球 200×200×25 cm周 東パストラルホール

無題⑥ 1980 鉄、ガラス、ステンレス、電球、木炭 個展「FROM THE NOTHING」[東京、真木画廊]

矛盾律②/ 1983/角材、鉄、ロープ

WORK ・ 場面②/1990/なまし番線、壁面 /270 cm×2,000 cm/フリーアートミーティング90展愛媛県立美術館

矛盾律/1983/角材、鉄、ガラス①/山口の現代美術山口県立美術館

WORK ・ 場面/1988/コンクリート板、ガラス /180 cm×180 cm×20 cm/ポリクロスアート展[高知、高知県立郷土文化会館]