平面 具体絵画

具体絵画について

1977-81年にかけて制作した「荒れた大地」、「ブルーの色面」、あるいは「ステンレスの金属板」などで構成する断片(モンタージュ)シリーズ以後、私の関心事は「物質」と「行為」と「場所性」へと向かい、空間造形(インスタレーション)の発表と併行して絵画表現の可能性を模索してきました。それは抽象や具象というこれまでの表現の概念とは異なる新しい絵画の方向性を求めるものでした。つまり、絵画を成立させる重要な要素として物質性を重視することで、より直接的な表現とイリュージョンの可能性を探求する作業だったのかもしれません。

そういう表現への欲求から、1989年に岩国市徴古館で発表した「木調への眼差し」という一連の作品を制作しました。その後、絵画における物質性への追求は、木を削り、記号や描かれたドローイングの線、貼り付けられた金属、モルタルなどが錯綜するミクストメディアの作品へと発展してきました。この一連の作品を私は「具体絵画」と名づけています。

このように「具体絵画」はイリュージョンを否定するものではありませんが、描かれたものとは異なる具体的な物質性を絵画の極めて重要な構成要素とする独特な考え方に基づいているのです。

​平面 変容と生成

平面 シュールから断片構成

断片シリーズについて

私の作品に於いて一つの要素となっている青・原野・壁等々について具体性はない。それらは極めて個的な観念の断片として、比較的アカデミックなマチエール(素材)ででっち上げられたものにすぎない。精神的所産という美名のもとに制作され、かつて否定された欺瞞した化物である。しかし、私はマチエール(素材)を一つの物質としてみている。平面的次元に於ける断片的構成の域において、行為自体がマチエールや観念的要素と等価に提示されている側面を持っている。

このように私の作品が行為性を含む断片的な三重構造により成り立ち、単に個的なレベルに於ける観念の対象化でないことは今回の発表で明白になるだろう。そしてその構成的要素は行為とものの関係性において今もなお私の仕事の主流となって展開されている。

立体 交差する時間と空間

立体 変容と生成

立体 存在と場面