2004年5月5日―5月9日

​錦帯橋周辺の河川敷、及び吉香公園

参加アーティスト

磯崎有輔  戸谷成雄  西雅秋  原田文明  村中保彦

このプロジェクトは、名勝・錦帯橋の架橋工事完成記念事業として現代アートの最前線で活躍する5人(錦帯橋の五橋の数)のアーティストによって、架け替え工事にともなう解体された材料を活用して、それぞれの制作プランを錦帯橋の周辺、及び吉香公園を舞台として制作発表するものです。そして、新しく生まれ変わった錦帯橋と清流・錦川の流れ、またこのような文化事業による地域づくりに取り組む岩国の現代アートへの挑戦を全国へ向けて紹介し、多方面での文化交流と意識の活性化を願うものです。

ここでは物質的なもの、あるいは形として残すことのみならず、このような現代アートへの挑戦によって実現される精神的な高揚、意識の変革そのものを極めて重要な問題として位置づけています。

プロジェクトの開催期間は5日間とし、終了後は何もなかったかのように会場はもとの自然の状態に戻ります。言い換えれば、アーティストと一緒になって錦帯橋の解体材料を活用したアートのお遊びをしようということになります。しかし、私たちはこの「遊び」を意味のない無駄な浪費として否定するのではなく、「みる」「つくる」「ささえる」立場を超えたプロジェクト体験そのものが、多様な形でのふれあい(交流)を実現し、アートによる文化的な出来事のみならず地域(都市)づくりの意識と活力を大いに刺激するものと確信しています。私たちはこのような意識の変革そのものを“無形のアート”と考えているのかも知れません。

本プロジェクトが、これまでの価値観を相対的に捉えかえす眼差しと合わせて、人間の営みとしての文化と自然のあり方を見つめ、豊かな創造力をもって将来の「地域」「文化」「暮らし」について考える契機ともなれば幸いです。

 

アートドキュメント2004錦帯橋プロジェクト 参加アーティスト兼アートディレクター:原田文明

Kintai-kyo (Kintai Bridge) Project

 

Kintai-kyo Project had been planned to commemorate the completion of Kintai-kyo reconstruction.  Kintai-kyo is well known as the place of beauty.   Five artists, who have been very active in modern art, were chosen for the project.  The number of artists matches the number of Kintai-kyo arches.  Each artist uses materials which were part of Kintai-kyo and produces his fine art. Their art works were exhibited around the bridge or at the Kikkou Park.

 

We would like to introduce everyone in the nation to our reborn Kintai-kyo which spans the beautiful Nishiki River, and introduces people to our community modern art project.  We also hope our project will provide everyone the opportunity to meet many people from different cultures and make them aware of our art.

 

Our exhibition lasts only 5 days and when it’s over every art product will be taken down and the Kintai area will be left just the way it was.  To leave physical art is not our purpose.  We hope we are able to leave something more spiritual in people’s mind.

 

All the people involved enjoy taking part in this project with the five artists.  Just “to enjoy” is not a waste of time, nor is it meaningless. People who come to see our exhibition, who worked with the artists, or who volunteered to support this project, may be inspired in some way to value art in their communities.  This is what we call “Intangible Art”.

 

We hope our project will give everyone a chance to appreciate art in their culture and nature in their communities.  We hope our project will enrich everyone’s own culture. Our great pleasure is if our project makes you reflect on your “community”, “culture”, and “life”.

 

 Art director:  Bummei Harada