第73回山口県美術展覧会

2020年2月13日(木)-3月1日(日)

9:00-17:00(入館は16:30まで) 

休館日:2月17日(月)

観覧料/一般:500(400)円 学生:400(300)円( )内は20人以上の団体料金

*18歳以下は無料 *70才以上の方 中東教育学校 高等学校 特別支援学校に在学する方等は無料 *障碍者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料

山口県立美術館

山口県在住の作家を中心に作品を公募し、厳しい審査によって、大賞と優秀賞を選定。

工芸、絵画、写真、書といったジャンルを超えた審査が、山口県美術展覧会の特徴です。

出品者の力作が、技術や独自性はもちろん、鑑賞者を惹きつけるパワーを競い合います。

*昨年大賞受賞者による「ピビリ ロベルト」新作展

*自作を語る

*私のイチオシ!

他に、①アート・マート(アート・マート・ギャラリー、ギャラリーナカノ HEART2019 関連企画展) ​②アート・ルート一の坂(末永史尚の作品展示&ワークショップ、浜井弘治ワークショップ ミシンをつかわないあたらしい洋裁「残反!たたんで作るお弁当バッグ」①トートバッグ型②ショルダー型、絵本交換会、みんなで街をつくろう、かんたん工作(コーナー) ③アート・フォレスト《県美の森》等々マップ参照

​原田美術教室からは安永福美さんが初出品初入賞、藤本スミさん、玉井康子さんの3名が入選入賞となりました。今年87才の藤本さんは昨年優秀賞を受賞し関連企画のアートマートギャラリーにも小品3点を出品しています。

IMG_5191.jpg

安永福美「ひふみちゃん」

玉井康子「里の日なか」

藤本スミ「岩国の楠」